養老天命反転地へ行ってきました。

f:id:wgkkbnd:20171114194657j:plain
ファイル:養老天命反転地02.jpg - Wikipedia
岐阜県養老町にある養老公園の中にある有料「芸術体感施設」と言った方が賛同を得られるかな。
こちらへ2017年11月5日に行ってきました。
「この日」に行ったレビューをしたいと思います。



11月ですが、はてブロさんの「今週のお題『芸術の秋』」ということですので芸術にまつわる養老天命反転地へ行ってきた感想を述べたいと思います。

冒頭でも言いましたが、2017年11月5日(日)に行って参りました。
向かっている道中は「最近の人は芸術とかには興味なんて無いだろ~」とか「人少なそうだからのんびりしながら観光出来るかな~」なんて失礼なことを思いながら向かっておりましたw
しかし、どうやらこの日は養老改元フェスタ(11/3~5) | イベント | 養老公園←リンク切れだったらごめんなさい!
まぁ要するにイベントの最終日にぶち当たってしまった訳ですよ。
それはそれは混雑しておりまして。。。
まず、駐車場に辿り着けない( ゚Д゚)
ただの渋滞であれば心が広い私は我慢出来る方なのですが、駐車場まで登り坂なんですね。
私の車は坂道発進する時にいつも一回下がって来てしまうんです。
怖くて怖くてw
マニュアル車の人とか大変ですね 汗

1養老天命反転地記念館
f:id:wgkkbnd:20171114201621j:plain
養老天命反転地記念館内部の写真です。

えーこれは不本意ではありますが、失敗ですw
人が多かったのでチキンな私達は隅っこで撮ることにしたのですが非常口や警報器が現実感を漂わせてますねw

f:id:wgkkbnd:20171114202525j:plain
https://shigotonadeshiko.jp/61525参照
この撮り方が正解です!

2 極限で似るものの家
f:id:wgkkbnd:20171114203332j:plain
養老天命反転地 - Wikipedia参照
この建物は養老天命反転地のメインと言っても良いかもしれませんね。
この建物には壁や天井に家具が刺さっていますw
世界観がすごいんです!
時々床が透明になっているのですが、その床の下にも家具が置いてあったりとなかなか面白かったです!
内部は迷路さながらの通路になっていて行きたいところへ辿り着けないという事態も起こりましたw
ここで鬼ごっことかしたらどれだけ楽しいことだろう!
斜面は非常に滑るので運動靴をおススメします!

3不死門
f:id:wgkkbnd:20171114205046j:plain
極限で似るものの家を抜けて一息つくと小さな竹が並ぶエリアを見つけました。
そのエリアは不死門と呼ぶらしいです。
ふ、フジモン?w
石に似せた物がそこかしこに乱雑に置かれていました。
が、実は乱雑でもなく無意味な物でもなかったのです。
それはぜひ現地で!
f:id:wgkkbnd:20171114205434j:plain
竹は近くで見ると鉄パイプに竹柄の印刷物を巻いたものでしたw

4 そのほか
f:id:wgkkbnd:20171114210337j:plain
施設内の端っこの方には天へと続きそうな通路が。
この先は後悔か達成感かを問われるエリアとなっています。
他の参加者と意気投合出来るというか日本人らしい譲り合いの精神を垣間見れるというかw
ここでネタばらしをする訳にはいきませんw
ぜひ現地で!